三浦淳寛(アツ)が監督に(ヴィッセル神戸)

フィンク監督の辞任、ちょっとショックでした。

去年のシーズン、天皇杯で優勝して、初タイトル獲得、今年のスーパーカップも優勝して、2冠達成したのは、間違いなくフィンクの力もあったと思うんですが。辞任ですか。解任じゃなく。ま、個人的な事情なんでしょうけど、あとどーするの?って感じはありました。

からの、三浦淳寛(アツ)監督就任。

アツか。ヴィッセルがJ2の時のキャプテンですね。この2005年(だったと思う)のシーズンはよくスタジアムに行って応援しましたね~。だから、三浦アツもワタシにとって、馴染みの選手でした。そのアツが監督として、現場に戻ってきた。のは嬉しい。

でもねぇ。

ヴィッセルって日本人監督のことを割りと使い捨て的に使う傾向があるんですよね~。一番ひどかったのが、吉田孝行の扱い。ネルシーニョの後を受けての1回目、リージョの後を受けての2回目。どっちも酷かった。この時はマジでハラ立った。だからちょっと心配なんです。

同じようになってしまうのでは?って。

でも、アツ監督3試合指揮して、まだ負けなしなんですよね。イニエスタや蛍など、スーパーな選手はいますけど。勝っちゃいましたね。その内2試合は無失点やったし。アツ監督、持っている監督なんかもね。

ま、サッカーチームの監督なんて、辞任・解任が多いポジションですが、アツ監督にはスーパーな監督になって欲しいと思います。もうすぐACLの試合も再開されるし。

がんばろ~!!
posted by ひまわりさん at 15:47Comment(0)サッカー

ジャイアントキリング56

久しぶりにジャイキリを発売日直後に買いました。あ、ネタバレあるので、未読の方はご用心あれ。

激闘のアジアカップも、窪田の怪我のショックを受けた椿のミスから、敗退。

あ~あ、勝てた試合やったのにな、とマンガやのに思ってしまいました(笑)。でも、こういうの、リアルの試合でもあるんやろうな、と思います。ワタシ達ジャイキリの読者からすれば、椿はスゴイ選手に成長したって認識ですが、このコミックの中の世界では、1巻からまだ1年も経ってないんだから、スゴイ選手に成長しても、メンタルが最弱の椿に戻っても、ほんの数か月前の姿に戻ってってことですよね?まぁ椿はもっと強いメンタルになって欲しいと思いました。

で、話はETUに戻ります。ワタシはやっぱりブランよりも達海の方が好きだ。達海の方がおもしろい、と思う。天宮杯も優勝して欲しいけどどうなるんだろ?初めて見る選手もいたような気がしました。アジアカップ編も悪くはなかったけど、やっぱりジャイキリは代表よりもETUの話の方がおもしろいと改めて思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GIANT KILLING(56) (モーニング KC) [ ツジトモ ]
価格:715円(税込、送料無料) (2020/10/4時点)


posted by ひまわりさん at 12:22Comment(0)コミック