仙台ぐらし

仙台ぐらし、読みました。エッセイ集って知っていたので今まであんまり興味なかったんだけど。読んだらメチャ面白かった。何で興味なかったのか、ワタシの阿呆(笑)。
実話なのか創作なのか、は不明ですが、伊坂作品と同じ匂いがします。ま、同一人物が書いているから当たり前か。

何が面白かったって、心配性で。何やかんやと日々、心配しているみたい。
だって。

「あれほど心配したからこそ、無事で済んだのだ」と考えるのが、僕だ。

って書いてあったし。伊坂幸太郎の心配が世界平和につながる、みたいな(笑)。


と、まあ軽い感じのエッセイなんですが、東日本大震災をはさんでいるので、震災以降はトーンは暗かったり重かったりもします。ワタシも阪神淡路大震災を経験しているのでよく解ります。まぁそれも含めてのエッセイですね。


それと、エッセイと別に短編小説が収録されていて。「ブックモービル」。これがメチャクチャ面白くて。伊坂ファンならこれを読むためだけに買ってもエエと思います。震災の経験があるから出来た小説かな?とも思うけど、暗くなることもなく、良い話、ハッピーエンドで。伊坂作品らしく、良い話なのに、スリが仕事の青年が主人公ですが(笑)。短いですが、伏線も見事にまとまっていて、読んでスカッとしました。

面白かったです。もう一つのエッセイ集も読んでみようと思いました。

この記事へのコメント