あと少し、もう少し

読了しました。

爽やかに読み終わりました。中学生の駅伝大会が舞台。

男子中学生6人をまとめる美術教師の上原先生が素晴らしい。顧問になった頃は何もわからないままやらされていたけど、大会の時にはちゃんと「監督、顧問」になっていたもんね。目立たないところから全体を見渡せるってすごいなぁって思いました。

同じシーンを別々の登場人物が語る所が面白くて良かった。爽やかな感動がありました。ワタシは特に1区設楽くんと2区大田くんの所でホロリときました。6人が6人とも心のなかでは色々考えていて、最初の印象と読み終わってからの印象が同じ人はいませんでした。

これはキャプテンの桝井のストーリーではなく、上原先生のストーリーだなぁって思いました。

面白かったです。部活動に燃える中高生にも読んでもらいたいなって思いました。

この記事へのコメント