火星に住むつもりかい?

読了しました。

読み終わって、正義って何だ?と思いました。正義って自分の、もしくは自分の組織の都合やん、って思いました。

こんな話が現実になったら恐ろしい…。チクリ合戦やね、まさしく。

拷問の場面とか、おぞましく思いました。相互監視の社会なんて来て欲しくないな。

黒いツナギのヒーローもワタシたちが思い描いているヒーローでもなく、単なる愉快犯みたいやし。平和警察よりちょっとマシ、ぐらいの感じ。

ただ、伊坂作品らしく想像していたよりもスッキリやったし、エンディングも穏やかやったので楽しく読めました。モヤモヤのないエンディングでした。

ちょっと怖いストーリーでした。でも、また読みたいなぁ。読んだ後はザワつきますが(笑)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火星に住むつもりかい? [ 伊坂幸太郎 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)


この記事へのコメント