君の膵臓をたべたい

読了しました。

住野よるの作品。「また、同じ夢を見ていた」同様、メチャ、気持ちが揺さぶられました。

面白かった、っていうのはちょっと違うような気がしますが、読んで良かったなと思いました。

ストーリーの途中までは、主人公の女の子は不治の病であるのがウソのような感じで、高校生同士の青春ラブストーリって感じなんですが、「その時」は不意にやってきて。しかも、初めに知らされていたのとは違う原因で。ショックを受ける主人公。もちろん、感情移入しまくりのワタシもショックを受けました。ウソやろ?って思いました(笑)。

エンディングは主人公の親友と「僕」が友だちになっていて、主人公の元へ行くシーンなんですが。カラッとしていて明るくて良かったなと思いました。このストーリーの流れでエンディングが暗かったら、イヤだなって感じのストーリーやったんで(笑)。

これを読んで、恋愛とか、友だちとか、人生とか、余命とか、いろいろ考えてしまいました。誰でも楽しめる作品だと思います。是非読んでみてください。個人的にはまた読み返してみたい作品です。




この記事へのコメント