★ベストセラーはamazonで★

2019年08月29日

恥ずかしがらずに便の話をしよう

読みました。「恥ずかしがらずに便の話をしよう」。タイトルに惹かれました(笑)。
(笑)ですが、大事な事です。便の話。

便の話で最初に思い付くのが、便秘や下痢の話で。幸い、ワタシは今のところ、どちらでもないのですが。

読んで思ったのは、便秘はヤバい。ヤバいです、便秘。便秘になると、食べるのも楽しくなくなったりしますからね。

便秘にならないように善玉菌である、ビフィズス菌や乳酸菌が含まれてい食べ物を意識的に摂ったり。カラダを冷やさないように気を付けたり。ウォーキングのような軽い運動をしたり。程度の事でも便秘予防の効果はあるみたいです。

何で善玉菌が便秘に良いかと言えば、善玉菌は腸の中で色んな酸を出して、悪玉菌が増えるのを抑えてくれるそうです。へぇ〜。

それから、何でカラダを冷やさないようにするのが良いかと言えば、カラダが温まると腸も温まります。腸が温まると善玉菌の働きが良くなり、これも悪玉菌が増えるのを抑えてくれるそうです。へぇ〜。

更に、何で軽い運動が良いかと言えば、運動でカラダが温まります。に、加えて、運動で腸の蠕動運動が活発になって、排便したくなりやすくなるそうです。へぇ〜。

悪玉菌もカラダの中で完全な悪、って訳ではなくて、ビタミンを合成したり、より悪い病原菌が体内に入ってきた時に、戦ってくれる防衛機能があります。

だから、善玉菌と悪玉菌、それからどちらでもない日和見菌(ひよりみきん)のバランスか大切。これが腸内バランスと言います。だ、そうです。

この本は、大真面目に便やトイレの事を語っていますので(タイトルはフザケてますがww)健康に気遣う人に届けば良いな、と思います。


posted by ひまわりさん at 12:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。