女子バレーボールワールドカップ

女子バレーボールワールドカップ、閉幕しましたね。
敗けが先行していて、自信をなくしていた感じだったんですが、大阪ラウンドで何とか持ち直しましたように見えました。

特にセルビア戦は良かった。2セット先取されて、ヤバい感じやったんですが、そこからの大逆転!!

第3セット取れてから、息を吹き返しました。そこからは、だいたいは日本ペース。結果、大逆転勝利でした。フルセットはしんどかったと思いますが。

で、次のアルゼンチン戦はストレート勝ちでした。セルビア戦の勢いを活かせたと思います。

オランダ戦はストレート勝ちではなく、3-1やったんですが。割と危なげなく。ただ、オランダ戦はストレートで勝てていたと思いますが。

ともあれ、大阪ラウンドは全勝で終われたのは良かったと思います。

開幕当初は攻撃が単調でスパイク打っては止められ、打っては止められやったんですが、試合を重ねるごとに良くなっていたと思います。

いよいよ来年はオリンピック。今の実力だとメダルはまだ厳しいかな?と思いますが。

セルビア戦の第3セット以降の試合運びができるのなら、可能性はあるような気がします。何とか頑張って欲しいですね~。

この記事へのコメント