オーバーキル

バッドカンパニーの続編。短編集です。

有道が一応の主人公で、柴がサブの主人公っぽく描かれています。ワタシの感覚では。でも、この小説の真の主人公はNASの野宮社長だと思う。有道のような荒くれた男も手玉に取りつつ働かせて。女である事を武器にして柴を虜にする。

やっている仕事はアレですが、女社長ってカッコイイ、と思いました。

小説は前作の続きなんですが、今作は野宮社長の過去が少しずつですが、明らかになります。

ワタシはえぇ?って思ってちょっとビックリでした。でもその過去を知ったら、「あ~ナルホド」って納得できました。

面白かったけど、前作「バッドカンパニー」を読んでからの方が良いです。
バッドカンパニーも面白かったです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バッドカンパニー (集英社文庫) [ 深町秋生 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2019/11/23時点)


この記事へのコメント