姑獲鳥の夏

読みました。

まず、表紙がコワいねん(笑)。ストーリーは全体としてそんなにコワくはなかったけど。
あと、分厚すぎ(笑)。辞書か、って言われました(笑)。

で、感想なんですが。これって京極夏彦のデビュー作らしいのですが、レヴェル高過ぎ。いや、ホンマに。

メチャ面白かった!

ミステリーと言えばミステリーですが、オカルト的な雰囲気もあり。その手が苦手な人はダメかも、な気もしますが、オカルト的なコワさはないです。

謎解きもオカルトではなくて、理詰めです。謎にはオカルト的要素もありますが。

主人公の京極堂が謎解きの時以外も理屈っぽいのも納得。

ミステリー好きな方には読んでもらいたいと思います。絶対に楽しめます!辞書のような分厚さやコワい表紙に怯むことなく(笑)。

オススメですっ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

姑獲鳥の夏 (講談社文庫) [ 京極夏彦 ]
価格:1012円(税込、送料無料) (2019/12/6時点)


この記事へのコメント