ジャイアントキリング38・39

遅ればせながら、ジャイキリ38・39巻読みました。遅い・・・(笑)。

GIANT KILLING(38) [ ツジトモ ]

GIANT KILLING(38) [ ツジトモ ]
価格:606円(税込、送料込)



GIANT KILLING(39) [ ツジトモ ]

GIANT KILLING(39) [ ツジトモ ]
価格:606円(税込、送料込)



ウルグアイ代表戦でA代表デビュー!!交代で「世界」のピッチに立った。隣に仲良しの窪田がいて良かったね(笑)、と思いました。そして、試合は、ドローなんですが。面白かった。
椿が交代で入る時に、テレビ観戦していた達海監督が発した「行ってこい」のセリフにグッときました。達海監督は殆ど登場しませんでしたが、やっぱり存在感あるなぁ。
あとウルグアイの若き10番、アルバロが椿・窪田とユニ交換したのを見て、ジーンとしました。この3人はみんな20歳でオリンピック世代なので、そのうちオリンピック編とかありそだな、って思いました。

ジャイキリ、面白かったです

)^o^(
posted by ひまわりさん at 05:22Comment(0)コミック

ジャイアントキリング 34

ジャイアントキリング34巻。

読みました。
ネタバレあるので、未読の人はご遠慮を。。。

34巻で一番ゾクっとしたのは
大阪とETUの7番対決。

窪田と椿の対決。

五輪予選でコンビを組んで息もピッタリの仲良しコンビなんですが。
ここでは敵として対戦。

椿が豪快なミドルシュートを放てば
窪田も技ありなループシュートでゴールを狙う。

ワタシはサッカーをしたことはないんですが
サッカーをしたことがある人はこんな感じなんですかね?

チームスポーツでありながら
敵になったり味方になったり。

不思議なスポーツです。

ま、それはさておき今回も面白いです。

試合前の大阪の志村の発言に笑いました。

posted by ひまわりさん at 19:29Comment(0)コミック

ジャイアントキリング33

ジャイアントキリング33巻

32巻から引き続き名古屋グランパレス戦。夏木のシュートが名古屋ゴールを揺らした続きから。名古屋戦も決着。この勝負、どうなるのでしょうか?



ジャイアントキリングはサッカーの漫画ですが、サッカーを知らなくても面白いと思います。未読の人は是非読んでください。きっとトリコになりますよ~。

posted by ひまわりさん at 21:33Comment(0)コミック