ホワイトラビット

ホワイトラビット、読みました。メチャ面白かったです。

伊坂幸太郎らしい楽しい仕掛けがいっぱいでした。ワンちゃん大作戦とか、オリオン座とか。特にオリオン座はなかなか重要な役所?で。このストーリーの中心と言っても良いです。

あと、引用させるレ・ミゼラブルが気になりました。興味が出て、読みたいなぁ、と思わなくはないけど、長い話なんですね・・・。ま、機会があれば(笑)。

登場人物はなんと、あの黒澤さん。伊坂作品では有名人。

この作品は時系列がちょっと進んだり戻ったりするので、ややこしい。ワタシも理解できてない所もありますが。あまり深くは追求しない事にしましたよ。2回読んでも解らない事がありましたが。気にしない(笑)。

何となく初期の「ラッシュライフ」のようなイメージを持ちました。

悪党がたくさん出ますが、愛すべき悪党って感じで憎めない。その最たる登場人物は黒澤さんなんですね~。

ストーリーのつかみも良かったし、終わり方も良かった。楽しいストーリーでした。

ミステリー好きは読んでソンのない小説だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホワイトラビット (新潮文庫) [ 伊坂 幸太郎 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2020/9/28時点)


posted by ひまわりさん at 05:53Comment(0)

ブラックライダー 上・下

「罪の終わり」を読んで、また読みたくなりました。ので、再読。
前回読んだ時も思いましたが、読みにくい小説です。

理由は、たぶん、文体が外国作品っぽくしている所。それから登場人物が(やたらと)多い事。この作品の印象は変わりませんでした。再読ですが。基本的には読みにくいと思います。

ただ、「罪の終わり」という関連のある作品を読んだのと、再読やったのとで、初めて読む時よりもすんなりと読めました。

で、内容なんですが、レイン兄弟がカッコイイ。そしてコーラがカワイイ。っていう印象です。

レイン兄弟はみんなカッコイイんですが、やっぱり長兄ガイが一番男前な感じ。お兄ちゃんってこうでなくっちゃ、と思いました。弟思いなところも良い。あと良くも悪くも人たらし。

コーラはね、ちょっと派手でじゃじゃ馬な感じ。でもたまに素直になるところがカワイイなって思いました。

「罪の終わり」を読んだ後にまた読んだら、やっぱり話がつながっているなぁ、と思いました。ナサニエル・ヘイレンのナイフとか。ニューラルネットワークとか。ムハンダス・ナイドゥとか、「罪の終わり」に出てきていたキーワードがいっぱいでした。

ジョアン・メロヂーヤは神であり悪魔でもあった訳ですが、自らが人を殺めつつも人を救った、と言う意味でナサニエル・ヘイレンと同じやな、と思いました。やったことは全く違うけど。

2回目読んでも、楽しく読めました。初回よりもすんなり読めたと思います。また読みたくなるかも、な小説でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックライダー(上巻) (新潮文庫) [ 東山彰良 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2020/9/1時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックライダー(下巻) (新潮文庫) [ 東山彰良 ]
価格:825円(税込、送料無料) (2020/9/1時点)


posted by ひまわりさん at 05:58Comment(0)

罪の終わり

罪の終わり、読みました。

面白かった。

この罪の終わりはブラックライダーの続編。続編ですが、時代はブラックライダーよりも前の時代のストーリーです。

ブラックライダーで語られていた、6・16前後の事がたくさん語られていました。

主人公はブラックライダーにも名前が出てきたナサニエル・ヘイレンです。彼がどんな人でどのように伝説になったのか、が描かれています。

ワタシの感想はナサニエルはフツーの若者って感じなんです。ただ、生い立ちが特殊で、特殊が故に厳しい環境で育ちました。

それが6・16以前。

ナサニエルは母親と兄を手にかけてしまい、収監されます。

そこで6・16が起こってしまいます。6・16で価値観がすっかり変わってしまって、それ以前の世界ではなくなってしまいました。

ナサニエルはレヴンワース夫妻と言う二重人格の殺人鬼に出会い、共に旅に出ます。

旅しながら、人と出会い、影響を与えまくって、いつしか、教祖様のように崇められます。この辺りは前作のブラックライダーで出て来るジョアン・メロヂーヤに重なりますね。

で、安住の村を興すのですが、この村で倒れます。

そして、ブラックライダーの時代で語られるような伝説になりました。

ナサニエルが為してない事、ナサニエルの発言ではない言葉も、伝説ではナサニエル(=神)の為した事になり、発言したことになっていました。

こうやって、伝説が作られるんだなあ、と思いました。

前作も神話的なストーリーだったんですが、この罪の終わりもまた、神話的なストーリーでした。

で、ナサニエルの周辺にカールハインツという賢い犬が登場するんですが、このカールハインツがかわいい。ストーリー的にも、大切な役割を演じてました。

面白かったです。

ブラックライダーをまた読みたくもなりました。

この罪の終わりを先に読んでも面白いと思いますが、出来るなら、先にブラックライダーを読んだ方がより楽しめると思います。

ブラックライダーはかなり読みにくい小説ですが(笑)。

オススメです!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

罪の終わり (新潮文庫) [ 東山 彰良 ]
価格:693円(税込、送料無料) (2020/7/9時点)


posted by ひまわりさん at 05:56Comment(0)